先輩からのメッセージ(雑踏警備)

青木 静香

(入社4年) ギャラリーホワイトキューブ ナゴヤジャパン

大学在学中トリエンナーレに刺激を受け中退。
1年に1回ギャラリーなどに美術作品を展示している。


喫茶店でアルバイトをしながら美術製作していましたが、人数が少ない喫茶店で、製作で休むと大きく迷惑をかけていました。そこで、「ダブルワーク」で検索したところ、セクダムがヒット。制服がキレイで、芸術文化センターや能楽堂などの公共施設と取引が多く、安心して応募しました。もちろん、警備とは無縁の生活をしていたので、最初は怖かったです。

今、私は主に雑踏警備をしています。たとえば、ショッピングモールのシャトルバスの案内やナゴヤドームの警備、スーパーなどのオープン日の駐車場の整理などです。

1日9時間程度、月17日好きな日に働いています。警備の仕事は、最初はとても怖かったですが、実際はキレイな場所が多く、またやる仕事もお客様を見守るという感覚です。

お客様から道を尋ねられたり、質問をされたりしたとき、ていねいに対応すると「ありがとう」と感謝されるので、そんな時はとてもうれしいです。セクダムは人間関係がいいし、自分のスケジュールに合わせて働けるので気に入っています。

これからも、自分の作品をもっと掘り下げたいので、製作に集中するための環境をつくるためにも、この仕事を続けて行きたいと思います。